秋の肌ケアに一年中で一番気を遣う理由とは
a9f5effc1c2f6cf93120838490a68c8b_s
秋の肌ケアといえば、夏に浴びた紫外線の影響を取り去ることが中心です。一年中で最も激しい紫外線にさらされた肌を入念にお手入れしておかないと、冬の間はもちろん、春になっても晴々した気持ちで鏡の前に立てなくなるかもしれません。そんなことにならないよう、秋の肌ケアには力を入れる必要があるのです。

秋の肌ケア第一歩は機能回復

beach-84565_640

秋の肌ケアが重要なのには、4つの理由があります。1つ目は、夏の紫外線ダメージを受けていること。2つ目は、肌が過敏になりやすい季節の変わり目であることです。3つ目は、大気が乾燥に向かっていること。4つ目は、夏の代謝が一段落して新陳代謝が低下し、ターンオーバーが乱れやすくなっていることにあります。

これら4つの肌問題を解決するためには、正常な肌機能を取り戻すことが先決です。特に角質層がダメージを受けている夏の後には、肌を柔らかくしてあげる必要があります。硬くなった角質は、いくら保湿しようとしても化粧水すら容易に受け付けてくれません。まずは正しい洗顔で肌を清潔にし、化粧水で十分な保湿をしてあげましょう。肌が柔軟さを取り戻せば、次第に本来の機能が回復してきます。

夏に溜まったメラニンを排出

pool-690034_640

夏の紫外線によって、メラニンをたっぷり分泌させてしまった人も多いでしょう。色の白い人ほど、メラニンに悩まされやすくなります。また、代謝機能が低下しがちな人も、メラニンがシミになってしまいがちです。秋の肌ケアでメラニンの排出に力を入れておけば、強烈な紫外線B波は少なくなる季節に美白効果が出やすくなります。

具体的に何をすればいいかというと、美白化粧品で色を白くしようとする前に代謝をアップさせることに力を入れてみてください。メラニンは、老廃物として排出されればシミになる心配もありません。老廃物は水分と共に排出されやすいため、水を積極的に飲んでトイレに行く回数を増やしたり、入浴や運動で汗をかくのもおすすめです。

旬の味覚で肌に栄養をチャージ

9292d6bdf34f07cabd923bb63b8b6b49_s

食欲の秋というように、秋には美味しい食べ物がたくさん収穫されます。現代の食生活では旬の味覚が無視されがちですが、旬の食材には栄養がぎっしり詰まっていまるから見逃せません。なるべく秋が旬の食べ物を栄養を壊さない調理法で食べることによって、夏にダメージを受けた肌細胞も活性化されてきます。

野菜も魚類も、バランスよく美味しく食べられるのが秋の魅力でもあります。注意しておきたいのは、何でも美味しいからといって食べ過ぎないこと。胃腸のためにも、肌のためにも、腹八分目がちょうどいいのです。満腹になり過ぎると、内臓に負担がかかってストレスも増加してしまいます。血行も悪くなるため、食べ過ぎるとむしろ肌細胞に栄養がスムーズに行き届きにくくなることを忘れないでおきましょう。